053-586-7670
営業時間 9時〜20時(平日)
サイト内検索
- 文字サイズ +
Portfolio
印刷範囲
全体プリント
本文プリント

川を臨む家(静岡県浜松市浜北区)

スキップフロアーで視線を遮り眺望を得る

実績紹介川を臨む1玄関アプローチ


玄関が中2階にあるのが特徴です。近接した建物と窓の高さが違うので気にせず開放することができます。道路から玄関が丸見えにならないので防犯にも有効です。玄関アプローチと川を臨むバルコニーは木(能登ヒバ)で造られています。玄関引戸もオリジナルのヒバ製です。庇(庇)が大きく地面から離れているので水濡れの心配はありません。

実績紹介川を臨む6 実績紹介川を臨む4 実績紹介馬川を臨む2
お客様のオファー内容
  • 敷地の南側に隣家が境界きりきりに建っているが、日当たり良く眺望も確保したい。
  • 無垢(むく)の木をふんだんに使ったシックハウスの心配のない家
  • シューズインクローゼットが欲しい
  • ウォークインクローゼットが欲しい
  • 薪(まき)ストーブが欲しい

スキップ1 玄関

実績紹介川を臨む16突き出した部分が玄関とポーチです。1階の床レベルと2階の床・梁(はり)レベルの中間に玄関があるのがよくわかりますね。

スキップ2 玄関ホール

実績紹介川を臨む18
玄関ホールの階段を上ると家族で過ごすLDKがあります。階段の下に見えるのは勝手口ドアです。階下は水廻りとプライベートスペースにしました。玄関とホールの下は納戸や外物置として無駄なく利用しています。階段や柱に節が見えますが、強度には問題がありません。

外観1


実績紹介川を臨む1シンプルな玄関引戸はオリジナルのヒバ製です。庇(ひさし)が大きく地面から離れているので水濡れの心配はありません。階段と同じ材なので、木部分全体が経年変化で同じように変わっていきます。

外観2 

実績紹介川を臨む5
外観は木と金属と塗り壁3種類の材料しか使っていません。材種が少ないと単調になりがちですが、大きな庇(ひさし)とアプローチ階段がアクセントになっています。

外観3

実績紹介川を臨む3建物全体のフォルムは、大きな長方形に玄関部分の小さな長方形がくっついているだけのシンプルな形ですが、玄関の階段と大きなバルコニーがつくことで遊び心のある豊な家になります。

眺望1

実績紹介川を臨む12隣家が平屋で近接しているのでLDKを2階にしました。川を一望できる気持ちのいいバルコニーです。外階段から直接入れるので、子供たちは庭とバルコニーをひとつなぎにして遊んでいます。

眺望2

実績紹介川を臨む13バリアフリーのフルオープンサッシを使用して、バルコニーとリビングが完全に連続しています。川沿いの立地なので、この風景は将来にわたって保障されます。

内観1 LDKと茶の間

実績紹介川を臨む8茶の間の障子と木の引戸を開け放すとワンルームとして使えます。建具を全部閉じれば客間や寝室としても使用できます。

内観2 茶の間からLDKを通してバルコニーを見る

実績紹介川を臨む9茶の間の建具を開け放すとリビング越しにバルコニーまで見通せます。茶の間からだと隣家の屋根が視界に入ります。どこに居ても開けた眺望であるよりも、閉じた家族だけの空間でくつろぎたいこともありますよね。

内観3 キッチン

実績紹介川を臨む14食器棚やカウンターもオリジナルの木製です。背の高い家具がないので広々とゆったりしています。

内観4 ロフトからリビングを見る

実績紹介川を臨む15
吹抜けからリビングを見ると風の通り道がわかりますね。フルオープンの窓から入った風が家じゅうをめぐり、夏場の熱気はロフトの窓から抜けます。

内観3 トイレ手洗いコーナー

実績紹介川を臨む15トイレの手洗いにも、シンプルでさりげなく木をつかいます。タオル掛け部分の木は、塗り壁でタオルが傷んだりタオルの水分で壁を汚さないためです。

内観4 玄関ホール

実績紹介川を臨む16落ち着いたシンプルな玄関です。300角タイルの色を木と合わせたのでタイルの冷たさがなく温かみがあります。玄関下に外物置があり床の熱損失が少ないため、通常の玄関より暖かく各階へ向かう前室といった印象です。

木1 ロフト収納

実績紹介川を臨む10天井が低くて狭そうですが、建物の端から端までつながったロフトは大容量の納戸です。梯子(はしご)の設置は家事室だけなので、知らないうちに子供が上ってしまう心配はありません。

木2 軒先(のきさき)のデザイン

P1010924ロフトの天井に見える垂木(たるき)は部屋の外までつながっています。先を斜めカットすることで大きな材を軽やかに見せています。見えている木材は全て杉材を使用しています。

構造 木造2階建て
広さ 3LDK+茶の間+W.I.C+S.I.C+家事室+ロフト
家族構成 ご夫妻(30代)+子ども2人
設計期間 平成22年6月~平成23年2月
施工期間 平成23年3月~平成23年9月
コンセプト

 お客様の一番の要望である『南側の眺望と日当たり確保』の課題をクリアーするために、2階にLDKを設ける逆転プランを採用しました。隣家越しに川が見えるロケーションを最大限に活かす大きなバルコニーは、茶の間やLDKと一体になるつながりを重視した開放的な家を目指しました。又、外階段で庭から直接バルコニーへ上がれるので、バルコニーを庭の一部としてとらえることができます。 
 S.I.CやW.I.C・家事室等の収納に加え空きスペースに納戸・外物入・ロフトを設け収納を充実させながら、居住スペースも充分に確保しています。

ひとこと

無節より節あり
和風住宅の柱には無節の材が重用されますが、死節(穴あき)でなければ強度があり安価な節あり材は大いに使用したい材です。節の模様を活かして床や壁に施工すると趣のある仕上がりになります。

床パネル
地震などの横揺れの力を分散し、一カ所の壁に負担をかけない重要な役割を果たします。在来工法と言ってもかつての工法とは様変わりし、近年は揺れを吸収・分散する壁パネルと合わせて施工する事が多くなりました。階段ホールの写真に見られるように、こちらの住宅にも使用しています。

20111009_99_23
お客様の声

明るくて見晴らしの良い気持ちの良い家になりました。バルコニーからの眺望は川の遠くまで見渡せて特にお気に入りです。
川を通って入る風が夏には心地よく、暖炉のおかげで冬はあたたくと年中快適にすごしています。

お気軽にお問い合わせください
実績について問い合わせる
電話でのお問い合わせ(平日:10時~20時)

053-586-7670

フォームでのお問い合わせ(24時間受付)
関連ページを見る

 

投稿日:
タグ :
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気軽にお問い合わせください。

電話053-586-7670

お問い合わせフォーム

営業時間 9時〜20時(平日)

ページの先頭へ